Ms.Biscuit

2017 YMSイギリス生活、自分の記録。でもそれがいつかどこかで誰かの助けになったら嬉しい。

2018年の目標と、英語について思ってること

こんにちは!ご無沙汰しています、みなさんいかがお過ごしですか。ロンドンは最近晴れの日が多くなって、日もだいぶ伸びて来たので嬉しい限り。

f:id:MsBiscuit:20180225202054j:image

f:id:MsBiscuit:20180225202059j:image

今年の目標はTravel as much as I can! に決めました、あっという間に2017年が終わり、もう2018年になって3ヶ月が経とうとしている、、

衝撃の時間の経過の早さです😳

 

でね、今日は全然今のタイミングで投稿しなくてもいいような内容なんだけど、ずっと私なりに英語について思っていて伝えたいことがあるので、述べたいと思います。長くなったのでお時間のある方は暇つぶしにどうぞ。帰国子女でもなければ完璧な英語が話せるわけでもなく、別にTOEICの点数も普通なので、ただの個人的な意見ですので悪しからず。

 

英語が好きな人・話せる人には幾つかパターンがあると思っていて、英語好きで勉強が全然苦でなく、そのまま使えるもしくは話せるようになったか、小さい頃から英語環境に慣れている、という方が圧倒的に多いと思います。しかし、

 

話したことある人もいるかもしれませんが、私は高校のとき英語が

 

大・大・大大大嫌いでした。

 

本当にテストとか頭痛くなるくらい無理だったの。大学受験の時も確か30点くらいで、実技とほぼ満点の国語でカバーして合格した笑。自分でも大学受験で30点レベルを取ったのにはさすがに衝撃を受けた。

今の私を知っている人には結構信じてもらえないんだけど、本当に英語、大嫌いだったんだよね。嫌いというか、興味が一切湧かなかった。だから勉強もしなかったし、単語テストも学期末テストも赤点の連続。だから余計嫌いになる。ただの負の連続で授業や教科書の内容なんて何も頭に入ってこないし、ただ音が右から左に流れていって、寝ないようにするのが精一杯だったかな。英語を読みたいとか話せるようになりたいなんて夢にも思わなかった。笑

 

だってさ、日本で英語使うことなんてないじゃん?

つまらないのに勉強する必要ある?(当時の私は完全につまらない勉強と思っています。)

知らなくたって全然困らないし、生きていける。

 

そんな私の英語への概念が変わったのは、大学2年生の時に初めて行った海外旅行。アメリカ。

 

当時のバイト先にアメリカの美大に留学をしていて日本に一時帰国していた方がいて、仲良くなって、遊びにおいで〜って言ってくれた、その一言で私の人生が変わったと言っても過言ではないです。あの一言がなかったら絶対に今わたしはロンドンにいない。

昔から英語は話せないくせに海外の雑貨とかお菓子が大好きで、現地に知り合いがいるのはとても心強いぞ、、ってことで全然話せないのにえいっと日本を初めて飛び出してみた。(当時のその行動力だけは褒めてあげたい。)とっても楽しかったし、初めての経験がありすぎて一生忘れられない旅になったけど、同時にとっても悔しい思いをした旅でもあります。

だって、全然英語が分からなくて、何も通じないから!コミュニケーションができない。あと、帰国子女の子達って、日本人同士で英語で会話をしている!世界の美大でこんなに頑張ってる人がいる!その反面私は日本の美大に入ってなんてぬるい環境にあまえているのだろう、

それはそれは衝撃でした。笑

ニューヨークのマクドナルドのレジのイカツイお姉さんにでAh?って言われた時に、マジでびびって怖気づいたのは今でもというか一生忘れられない。悔しかったなー。

小さい頃から負けん気は強いからアメリカで悔しい経験ができたことでバネになったのと、当たり前だけど大好きな海外の雑貨やお菓子を人生で初めてあんなに目の当たりにできる海外旅行が楽しくて、日本に帰ってきてから心機一転、少し英語を頑張ってみようと思ったの。

そのタイミングで運良く、大学の授業で3か月間アメリカの大学との共同プロジェクトに参加させてもらいました。(当時自分の進んだ空間デザインの分野への疑問もあった頃だったから、空間デザイン分野から離れるのも新鮮で楽しかった)

プロジェクトの最初の頃は向こうの教授や学生の英語が全然聞き取れなくて、共同作業なのにチームメイトが話してることも分からなくて意見も伝えられなくて、大変だった。でもみんな聞き取って理解してくれようとして、コミュニケーションをなんとかとっていたような。

その時に出会った子達は本当にいい人が多かったことと、その年はプロジェクトが日本で開催されたこともあって、教室に入るとアメリカだけど教室の1歩外に出れば日本、みたいな心細くならない環境が揃っていました。だから全然話せない・聞き取れない私でも大丈夫だった気がする。 

 

当時、プロジェクト以外の授業も受けなくて良いことになっていたので3か月間英語が共用語みたいな感じになっていて、ある日の帰り道に後ろから聞こえてきた日本人の学生の会話が英語に聞こえた衝撃は今でも覚えています。外国人の友達が初めてできたのもとっても嬉しかった。ということでそんな3か月を過ごして英語への警戒とか壁が穏やかに崩れていった私は徐々に海外旅行に行くようになりました。

在学中も卒業してからも長期休暇を取れる職場のおかげで社会人になってからも毎年2〜3か国は行ったと思う。

 

海外旅行は毎回楽しくて、英語圏以外でも旅行に行けば必ず英語を使う環境になるし、伝えなきゃいけない環境になるので、もうここからは完全に嫌ではなくなってた。むしろ伝えたいという意思の方が強くて、伝わった時の嬉しさを覚え始めて、気付いたらコミュニケーションツールとしての英語を使うのが楽しくなった。もっと話せるようになれたらいいなとか、理解したいなとか、<勉強>をしていた時には微塵も思わなかった気持ちになっていったかな。気づかないうちに。

 

それでオーストラリアにワーホリに行った時に、友達を作るのも含めて語学学校に通って初めて英語を< 勉強 >しました。すでに英語への壁は旅行を通して全くなくなっていたから、英語で英語の授業を受けるのが毎日楽しくて、多分中学生レベルの文法も私はそこで初めて理解しました。卒業してからも日本人がいない現地のカフェで働いて(今回はそんなこと思ってないけど、オーストラリアの時はあえてジャパレスには履歴書は出さないと心に決めていました。結局運良くすぐに採用が決まったから1件も出さないで済んだけど)、楽しい学校や旅行とは違って、日本語が通じない環境で<働く>ということが日本語で26年生きて来た私にとって、こんなにも大変なのかと肌で実感したのはそれが最初です。

 

レジでAh?って言われたのが悔しかった当時の私は、オーストラリアで自分がオーダーをとったりレジをしたりするなんてことは夢にも思わなかったけど、過去の自分に会えるなら勇気が出るだろうからそんな事実をそっと教えてあげたい。(まじでショックだったから笑)

 

だから、ほぼ旅行と海外での生活で鍛えてきた私の英語は未だに文法も前置詞も間違っているけれど、でもね、伝わるのです。今の職場は同僚も取引先も、お客さんも含めて世界中の人と話す機会があるんだけど、世界の人はほぼみんな理解してくれます。 

私のこの10か月の成長はずっと苦手だった英語の電話。

相手の表情や顔を見てのコミュニケーションやテキストでの会話は全然問題なくなっていたんだけど、オーストラリアのビザが終わる時も電話でのコミュニケーションは本当に苦手でした。ただでさえ母国語ではない言語なのに相手の顔や表情が見えないだけでこんなにも聞き取りづらかったり伝えにくいなんて。。と何度思ったか。

でもこれも運良く仕事として使う環境になったことで(仕事だし責任でてくるし、最初はまじで怖すぎて泣きたかった。)、10か月、毎日10時間も電話を主に使うことでもはや怖さは無くなった笑。人間ってさ、やればできるようになるんだなあって身をもって体感しています。

 

学問的に言うと全然よくないと思うけど、

毎日の会話の中にテストのように正解なんてないし、

伝わらなくてもまあいいやって思いながら

そんな気持ちで英語を使っていたらいつの間にか話せるようになりました。

 

だからね、何が言いたいかというと、

英語ができるからすごいねとか、話せるのってすごいねとか

そんなんじゃなくて人に伝えたいという意思が一番大事だと思っています。わたしには、まだまだ映画やニュースを字幕なしでみても理解できなかったり聞き取れない英語なんてものすごくあります。

使わなくて済むから当たり前かもしれないけれど、日本の英語への概念は点数に縛られすぎている気がする。TOEICの点数のこと最初に書いたけど、点数があっても、使えなければ意味なんてない。(これは自分にももっと伝えたい。私の場合は勉強をして文法をもっと理解しなければいけないので。笑)

完璧でなくてもツールとして使えるようになった瞬間から、コミュニケーションを取ったり、意見を聞ける相手の数が世界中に広がって、意見や会話が何百倍にも広がるはずと信じています。(きっと日本語話者と英語話者を比べたら単純計算でもそうなるはず、!)

いま、もしもNew Yorkのマックにいた私のような人が奇跡的にこの長ーいブログを見て、世界とのコミュニケーションの可能性が何百倍にも広がったらいいな、、と思っています!

 

長くなりましたが、私の英語に対する考えは以上です。

 

でもちなみに私の持論は、ひらがなカタカナ漢字アルファベットという4種の文字で日本語を扱っている日本人は相当頭いいっていう考えだけどね〜! 

 

f:id:MsBiscuit:20180225202644j:image

どこかでこれをまとめたかったからとても長くなったけど読んでくれてありがとうございました!またね x

Bye!

 

-Maho aka Ms.Biscuit xxx

 

I'm in Tokyo right now! Yessss!

f:id:MsBiscuit:20171214171815j:image

こんにちは〜!ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが私現在、日本に2週間の一時帰国中です。

 

日本食!おにぎり!最高!

 

みたいな感じで毎日ばくばく、一瞬も胃を休ませることなく日本食を満喫していたので、日本滞在はあと3日だけど多分あと1年くらいは大丈夫そう。それくらい食べて過ごしています。笑

この期間のモットーは「胃の無駄遣いをしない。」←やばいでしょ。パンとか食べたら胃の無駄遣いだから😂

12/1に帰国したときはわくわくしすぎていつもなら爆睡できる12時間のフライトもちょいちょい目が覚めて長かったなー。1時間寝ては1時間の映画見ての繰り返しを5回くらい。(そりゃ長いわな。)でも、イッテQ観れたから出川で1人で爆笑 + 機内の日本味のカレーが沁みた。

早朝羽田に着いた日はそのままディズニーに直行するアクティブさ😛今回は本当にゆっくりする為に帰ってきたので、従姉妹の結婚式以外はほぼ予定を入れずにビンゴ(実家のチワワ)と家でゴロゴロして過ごしています。

f:id:MsBiscuit:20171214172117j:imagef:id:MsBiscuit:20171214172157j:image

海外に住むとなると、やはり旅行とは違うので向こうで過ごすことが本当に"日常"になりすぎて、新鮮さが無くなってきたりします。オーストラリアのときの1年間のワーホリだったら日本に戻る時間がもったいないという考えだったけれど、今回はここからまだ1年と少しあるのでいいタイミングで気分転換になっています。日本をまた離れるのが寂しいけれど楽しみでもあるから。

旅行は好きだし、海外も大好きだけど、やっぱりわたしは日本人なので、日本食がこんなにも気軽に買えることがやっぱり夢のようで楽しいです。お菓子もお茶も、全部。

あとオーストラリアから帰ってきた時も思ったけれど、やはりこの環境で26年間生きてきているので、すぐに日本に馴染めるのは面白いなーと思う。一瞬、ロンドンでの生活が幻かなって思うくらい。

 

言語に関しては、日本に比べると外国って割と誰とでも話したり挨拶をする人が多い気がしていて、例えばお店の中で客同士がこれどこにあったの?どこで買ったの?とか、そういう会話がすぐに聞こえるし、声もかけられるけど、日本人にはやはり壁があると思う。同じ言語なのに赤の他人に"あなたの髪型いいね"とか"そのバッグどこで買ったの"とか言えなくない??むしろ言われたら、え?変な人かもって警戒しそう笑。文化の違いって不思議。

あと、すぐにThank you!って言えたらいいのにって思っている。「ありがとうございます」って言われるとちょっと仰々しくなっちゃうけど、Thanks! (アリガト!)くらいのノリで他人に声かけられたらいいのになって。後は個人的な経験だけど、「すみません」って謝られた時に頭下げてだいたい無言で終わることも多くて、そんな時に"That's okay!"って言えたらいいのになって本当に本当に思う。文化の違い、分かってはいるし、それが日本の良さなのかもしれないけれど、ちょっともやっとするときもあります。

日本を離れて生活してみるからこそ分かってくるそれぞれの文化の良し悪し、色々考えられるので、外国に住んでみるっていうのはやっぱり面白い経験だよなと、思います。

 

あと3日、おいしいものいっぱい食べよう。

 

See you soon! 

- Maho aka Ms.Biscuit xxx

 

What I ate in Copenhagen

そんな怒涛の出発を経て、1時間半でコペンハーゲンに到着。

f:id:MsBiscuit:20171101004647j:image

4年前にアイスランド行きの乗り換えで20時間くらい滞在したので街の様子とかはなんとなく覚えているんだけど、同じところに2回来るっていうのはやっぱりなんか思い出蘇るから楽しい。

空港着いた瞬間に、ああここねって思ったりして、当時はレンタルWifiとかSIMも使わなかったからどうやってgoogle mapなしで旅行してたんだろうって思ったけど、ちょっと詳細な部分は忘れつつあるから、やっぱり旅の記録もブログに残した方が楽しそうだなーって思ったりしていました。今度自分が行ったところ振り返ってみようかな!楽しそう。

何回か私のブログを読んでくださった方はお気づきだと思いますが、わたしの旅行の目的は現地の食べ物を楽しむというのが70%くらいを占めています。

 

そこでデンマークで楽しんだ意外なたべものを紹介!

 

1)ホットドッグ!!!!

f:id:MsBiscuit:20171031234642j:imagef:id:MsBiscuit:20171031234631j:image

え?って思うでしょ?ドイツじゃんって思うでしょ?それがデンマークのホットドッグ、おいしいのです!

フランスパンの中にソーセージが入ってるタイプの方が美味しかったかな!なんかマヨネーズとマスタードとケチャップが中に入ってるの。毎日食べてた笑

 

2)ポテトチップ

(Insta storyに写真アップしたのに保存忘れた。ロゴがかわいいんだよう〜!) Kim's っていう会社の。いろんな味があった!買ってみたなぞのSpecial flavor はトマトっぽい味だった。ピザポテトみたいなギザギザ系。

 

3) Conditori La Glaceという老舗ブーランジェリーのケーキとココアと紅茶

f:id:MsBiscuit:20171031235021j:image f:id:MsBiscuit:20171031235055j:imagef:id:MsBiscuit:20171031235226j:image

これがですね、、本当に美味しくて、空間も昔ながらという感じでゆっくりこの空間で食べれたのが幸せでここで朝ケーキ食べてた瞬間もうこの旅行終了しても悔いないなと思った笑 

 

4) gifflar / Pagen

f:id:MsBiscuit:20171101225610j:image

(お菓子コーナーで売っているシナモンロール)

空港で見かけた時から気になっていて、スーパーで買ってみたのですが、おいしかった!お菓子コーナーで売っているパンなのにパサパサしていない!普通のシナモンロールなんだけど、わたしはシナモンロール大好きなのではまりました。

 

*スモーガスボードっていうオープンサンドは有名なところが月曜日が定休日で食べず!笑

 

 

ちなみにコペンハーゲンは激寒でした。着いた日は本当に風が強くて本当に飛ばされるかと思った。むしろ飛べるとおもった。

風が強いから9度あっても体感で6度くらい?あとはさすが北欧、オシャレすぎてちょっと入るのをためらうくらいのカフェをたくさん見かけました。やっぱりロンドンとも違うし景色も石畳もやっぱり行かなきゃ分からない空気や街の表情を感じることは大切だなあって思います。

 f:id:MsBiscuit:20171101000447j:image f:id:MsBiscuit:20171101000501j:image f:id:MsBiscuit:20171101000539j:image f:id:MsBiscuit:20171101001604j:image

 

ということで!ただいまロンドン!

f:id:MsBiscuit:20171101005103j:image

 

-Maho aka Ms.Biscuit xxx

Hello again, Copenhagen! #1

f:id:MsBiscuit:20171031195505j:image

コペンハーゲンに来ています。4年ぶりくらいかな?今回は週末を使って3日間。いまは帰りの飛行機を待っているのだけれど、今回は本当に往路でドラマがありすぎて、なんか旅の思い出というより出発日の出来事が濃すぎて絶対に忘れられないだろうなと思う。

f:id:MsBiscuit:20171031195427j:image

出発日のフライトは土曜日6:55 (AM)、1時間半前に空港に着こうと思うと3:05くらいに家を出る予定だったの。金曜日、夜勤明けで買い物に行ったから帰宅したのがそもそも17:00くらいでそこから準備を始めようと、荷物をベッドの上に広げたり、ジップロックに入れたりしていたのです。

だけどやはり1週間の疲労も重なってベッドの上で22時くらいに寝てしまった、、のが最後。00:30にアラームセットして1回起きたんだけど何を思ったか消してまたスヤってなっちゃったのです。

ハッとしておきたら3:45ではないですか!え?出発時間すぎてるし!お風呂も入ってないし、そもそも何も荷物がバックパックに入っていない!!!!!!や!ば!い!

 

いくら24h運行のロンドンのバスも明け方なのでそんなに頻繁には来ないし、もうできる限りの全速力で荷物を詰めて(だから今回なぜか無駄な荷物が多くて重い。)出発。起きてから20分。どうやったのかは覚えていない。

 

で、できる限り早く来たバスに乗って、自分の荷物を考えてたのね。

 

 

おや????

 

 

まってまって

 

 

パスポート!!!!

 

 

持ってきてないから!!!!!!

引き出しに入ったままだから!!!!!

 

 

 

ということで。そうです。

海外旅行に行くのにパスポートを忘れました。いやもう笑うしか無いんだけど、もう割と飛行機逃すかどうかどうかの瀬戸際でしたのでまじで笑えなかった。気づいてすぐのバス停で降りて、反対側のバスが10分で来るのを知って、次の作戦を練りながらバスを待ちました。

あの時ばかりは自分のそそっかしさを心から呪った瞬間だった、、。そもそも寝坊しなければよかったからね笑

もう次の電車バスでの手段は離陸30分前に着くのしかなくて、もう無理だと悟り、UBER決定。1分くらいで来てくれる位置にいてくれて本当によかった。。。 

 

電車バスなら6ポンドくらいで行けるのに、、40ポンドを払ってでもUBER笑 だって飛行機逃したらもっと悲しい、、。

 

と、いうことで無事に空港には時間内に着いたのですが、液体類は荷物検査が終わってから買おうと思ってるタイプなので、薬局に寄ったり両替したりしてからいざゲートへ。

ヒースローは何回か使ってるから大体分かってるつもりだったんだけど、今回ゲートが割と奥の方で行ったことなかった方だったから、こっちにもあったのね〜と思いながらフラフラ行ったら並んでいるではありませんか!おやおやと思って最後尾で待ってたんだけど、5分くらい並んでふと上の表示を見たら気づいたのです。ドイツ行き!!!??ん???わたしコペンハーゲン行くんですけど!

 

ということで私の飛行機は隣のゲートでした!もうClosing で誰もいないから気づかなかったという笑😂😂😂

 

ということでスーパードラマチックで疲労感の半端ない往路となりました。笑

 

つづく

Dear all,

読んでくださっているみなさんへ!

ほんとこんな個人的な内容の日々の記録を読んでくださってありがとうございます!

 

こっちにきて、もう8ヶ月が過ぎました。

友達に見てるよ〜って言ってもらったり、この前は質問をしてくれた方もいらっしゃって、なんかマイペースにでもブログをやってて良かったなあって思えることがあって、なんか嬉しかった!だから今日はどうしても感謝を述べたい!笑

ほんとありがとうございます!そしてこれからも細々と記録していくのでよろしくお願いしまーす♡

f:id:MsBiscuit:20171002081439j:image最近の私はというと、先月はドイツに週末弾丸で旅行に行って、ヨーロッパ旅行のしやすさにやっぱり感動。

ベルギーも電車で行けたことに結構感動したけれど、今回も前日の夜22:30に、翌朝の7:00発のフライトを買って、9:00にはフランクフルトに着いてた。

ヨーロッパに住む利点をもっと活かさなきゃなあって思った。だって週末2日あれば行ける。2時間で着くんだよ、、(これってよく考えたらすごいよね。日本からだったらこんなひょいひょい行けないもんなあ。。ということでここにいる間に、もっと色んなところに行こうと決意しました。)

f:id:MsBiscuit:20171002081815j:imagef:id:MsBiscuit:20171002081528j:imagef:id:MsBiscuit:20171002081753j:image旅行は現地の食べ物を食べるために行くと言ってもいいくらい、その場のものだけを食べていたい。今回はシュニッツェル、プレッツェル、アップルワイン、カリーヴルスト!

しかしドイツ語がわからなすぎて帰りに空港に向かうはずが降り過ごして空港に着くのがギリギリになって焦った笑。でもドイツ語ってかっこいいよね。音が好き。

 

さて。話は全く変わりますが、今日スーパーで買ったお茶を紹介させて欲しい!

 

 じゃーーーーん!

 

 f:id:MsBiscuit:20171002080214j:image

これ、、さ?やばくない?

Salted Caramel Green Tea! (!!!?え?)

日本人の私からしたらもうこの発想のクレイジー感が凄いんですけど、これがですね、意外といけました。発想に拍手 !

紅茶って嫌いじゃないけど基本的に緑茶に比べて結構パンチ?があると思っていて、毎日は飲まなくてもいいかなっていう。

ずっと飲んでたアールグレイが終わりかけてたので、お茶コーナーに行ったらこれですよ。お菓子の香りのフレーバーティーは結構惹かれちゃうってのもあって、試してみようと思って買ってみたの。

そうしたら妙にいい具合に緑茶の優しい感じが沁みるのです!甘くはなくて、香りだけ。信じられないって思った??飲んでみたい人はぜひ教えて下さい、送ってあげます。笑

 

最近はもうすっかり寒くなってきて、薄手のコートはもちろん、夜はマフラー必須。と思いきや変に寒くない日もあったりして、体温が全然追いつかなくて風邪をひきました。こっちきてから気温の変化についていけなくて風邪引く率がすごく高い。先週は体調が悪かったのも災いしてノーエナジーすぎて本気で1週間乗り切れないんじゃないかと思ったけれど、多分今週は大丈夫。がんばろ〜っと。皆さんもよい1週間をお過ごし下さい♡

f:id:MsBiscuit:20171002084133j:image

-Maho aka Ms.Biscuit xxx

Belgium

もう何から書いたらいいか分かんないくらいだけど、ちょっと1ヶ月くらい前のベルギー旅行について書こうかな!許して。笑

 f:id:MsBiscuit:20170915164344j:image

大学からの友達の里奈がロンドンに来てくれて、ロンドン観光をしつつベルギー行ってみよう!ってことで行って来ました🇧🇪

ロンドンに住んでるといいところは、ほんとにすぐヨーロッパ旅行に行けるところ。初めてEurostar(電車)で行って来たよ〜!飛行機も楽しいけどやっぱ空港に早く行かなきゃいけなかったり移動とか荷物検査で時間がかかるから電車旅行の便利さに感動でした。 f:id:MsBiscuit:20170915164411j:imagef:id:MsBiscuit:20170915164247j:image

2泊3日でブリュッセル - ブルージュ - アントワープへ。名物のワッフルとフライドポテトとムール貝とチョコレートをずっと食べてた。見つけたら食べてた。旅行の何が好きって、現地の食べ物を楽しめるところだから、その国の名物だけ食べていたいって思う!笑

 f:id:MsBiscuit:20170915165023j:imagef:id:MsBiscuit:20170915165040j:imageこのワッフルラズベリーが練りこまれてるんだけど、本当においしかったf:id:MsBiscuit:20170915165053j:image

個人的にはブルージュが1番良かったです。でもフライドポテトをパンに挟んだミトライレットっていうクレイジーなメニューをブリュッセルで食べれたのも面白かったし、想像より治安が悪そうだったり、やっぱ行かなきゃ全然知らない世界がいっぱいあって旅行っていいなと思いました。

アントワープでうなぎグリーンソースが見つけられなかったのが悔やみ。(また食べ物)

 f:id:MsBiscuit:20170915165131j:imagef:id:MsBiscuit:20170915165149j:image

ロンドンに帰ってきてからも常に食べてた感じあるけど、行きたかったかわいーいカフェにも行けたし、とにかくとにかく楽しかった。友達が来てくれるのって、やっぱほんとに楽しい。

ロンドンには完全に秋がやって来ましたが、晴れてる日は冷たい空気が意外と気持ち良いです。みんな遊びに来てね〜♡

 f:id:MsBiscuit:20170915165644j:image

人生初、自分でドライヤーを買う、の巻

あれよあれよと言う間に7月が終わり、8月ですね!そしてロンドンにきて半年が経ちました。びっくり。そして涼しい夏!

最近すごく便利なシロモノを手に入れたからちょっと紹介しますね!

ジャーン!

 ディフュザー付きドライヤー

f:id:MsBiscuit:20170728175016j:image

この!グルーの冷凍光線銃みたいなやつ!(使う度に大げさなフォルムで笑ってる)

これがですね、本当に予想を遥かに上回る活躍を見せてくれたので私は大満足しています。

髪の毛がミディアムかロングじゃないと多分効果は発揮しないんだけど、これがいかに素晴しいかを説明させてほしい。

私の髪の毛はものすごく癖っ毛で中学生頃まで大嫌いだった。ロングになってから自分の髪の癖を活かせるようになって、みんなにわりと褒められる天パ具合を維持していました。(パーマをかけたことないのは誰に言っても驚かれるくらい。)

 

その方法はというと実にガサツな、お風呂上がりにあんず油(整髪用)をつけて、そのまま放置して寝るだけ。ドライヤーを使っちゃうといい具合の癖が出なくて超中途半端なくせ毛みたいになっちゃうから、ドライヤー超否定で完全に自然乾燥派だったの。

 

でもこっちに来て、仕事行く前にお風呂に入っちゃうと寒くて、こりゃいかんと思いまして、せめて地肌だけは乾かそうと、ドライヤーを購入することを決意。最初は地肌だけ乾かせればいいやって思ってたからめっちゃ小さいよくある簡易?ドライヤーみたいのを買うつもりだったのね。

で、薬局みてたら簡易のは8〜10ポンドくらいで売っていて、なんだこんなに安いのかと拍子抜けしたんだけど、ちょっと待てよとイギリス名物?のArgosっていう家電屋さんに行ったのです。

このArgos、フロアには超分厚いカタログと端末しかなくて、在庫の番号を各自控えて購入するシステムなんだけど、支払い後にカウンターにレシートを渡すと、奥の倉庫から店員がピックアップしてきてくれます。(つまり売り場に商品は一切ないの!)ちなみにドライヤーだけでもものすごい種類を扱っていました。

 

そこで見つけたこのディフューザー付きドライヤー!28ポンド!他にも15ポンドくらいで簡易より風量ありそうなドライヤーとかもあったんだけどディフューザーっていうのが付属してるドライヤーがいくつかあって、そのとき初めてディフューザーの存在を知ったのです😳

 

え?私が知らなかっただけ、、?かもしれないけど、購入前に色々調べてみると、どうやらパーマ用らしい。なになに、自然乾燥にちかいだと。。これはもうどうしても試してみたい!ということで、購入。

 

で、帰って早速使ってみたのですが、これ、実にくせ毛を活かしつつ乾かせるので、感動!

 

普通のドライヤーって風圧でふわっと感を潰しちゃうらしいんだけど、(そうかだからあんな中途半端なくせ毛になってたのか!と納得。)

これを使えば風じゃなくて熱で乾くので自然乾燥に近い仕上がりでこの通り!

 

じゃん!(※ パーマもアイロンも使ってません)

 

 

 f:id:MsBiscuit:20170805224842j:image

このアイテムすごくない?

みんなにおすすめしたい本当に!

 

ということで今日はどうでもいいけどちょっと感動した海外発なアイテムの紹介でした〜笑

 

-Maho aka Ms.Biscuit xxx

 f:id:MsBiscuit:20170805231806j:image